polca、はじめました。

 

https://twitter.com/mia_istraveling/status/1013224148972101633

 

はじめに

 

「polca」をもっと途上国支援に役立てることは出来ないだろうか?

そんな思いから、2018年5月某日、NPO法人のAlaziさんASAPさんAYINAさんが登壇するPolca展に参加してきました。

 

 

https://twitter.com/mia_istraveling/status/995275220620427269

 

 

国際貢献の最前線にいるNPO法人と、Polcaという新たなサービス。

この異質な2つの組み合わせは、国際協力の新たな可能性を生み出すことになるでしょう。

 

 

 

 

Polcaとは

皆さんは「Polca」というクラウドファンディングアプリをご存知ですか?

 

Polcaは2017年8月に株式会社CAMPFIREがリリースした「フレンドファンディング」のことです。

つまり、身近な友人同士で資金集めをするためのサービスです。

飲み会の割り勘や、誰かの誕生日を祝いたい、など小さなコミュニティーの中での経済の仕組み作りを「Polca」で達成できます。

 

 

 

そもそもクラウドファンディング って?

 

「世の中を変えるためにこんなサービスを開発したいけど支援者がいない」

「こんな事業を始めたいけど資金が足りない」

 

そういったアイデアやプロジェクトの起案者がクラウド(群衆)からインターネット等を通してファンディング(資金集め)をするシステムのことです。

目標金額が集まり、無事サービスや事業を始められた場合、支援者には「リターン」として企業記念イベントへの招待や、支援のおかげで制作できたサービス・商品の無料提供を行います。

 

近年、SNSで影響力を持つインフルエンサーや有名ブロガーなどがクラウドファンディングで集めた資金で海外旅行に行ったり、イベントを開いたりしたことで、ますます知名度が上がってきました。

 

 

それにより、 それまで全く関係のなかった両者がお金を通して繋がりを持てる、というのもクラウドファンディングのメリットです。

 

 

 

なぜPolcaとNPOが繋がるの?

 

ここで重要なのが、従来のクラウドファンディングにはないお手軽さです。

 

クラウドファンディングは、立案側は資金集めをする前にプロジェクトの審査に通る必要がある上に、支援する側も最低金額が数千〜数万円からとなっている場合がほとんど。

 

それに比べてPolcaは審査もなく誰でも簡単にプロジェクトを立案できます。

支援する側も、アプリをダウンロードし、クレジットカード情報さえ設定すれば、あとはQRコードで読み取って「支援する」ボタンを押せば終わりです。それも、300円から支援可能です。

 

NPOは資金集めがしたい。しかし、現地での活動も疎かにはできない。

そんな時、web上で募金を募るのは便利ですよね。

また、大きなプロジェクトをするのではなく、「途上国の子供達に文房具を買ってあげたいから1万円集めたい」「就労支援のために現地の職人さんが使うためのミシンを買いたい」など、小さな支援が可能です。

 

 

 

Polcaで資金を集めるためにNPOがすべきこと

 

日頃から活動の様子を発信する

 

お金を他人に提供するわけですから、支援者からの信用を得る必要があります。

そのためには、日頃からの情報発信が重要です。

「支援金をどのように使う団体(個人)なのか」

「どんな風にお金が使われるのか」

「お金を使った後、その団体(個人)がどう成長していくのか」

 

細かく情報を提示していくことで、「ここなら応援したい」「夢を叶えて欲しい」と思ってもらえる可能性が高くなります。

 

これはインフルエンサーが「自分の価値や信用度=フォロワー数」という考えと似ています。

彼らは普段から自分はどういう人間か、どんな目標があるのかを常にSNS上で発信していますよね。

発信頻度=信頼度=支援してくれる人の数 になるわけです。

 

 

「Polcaお願いします」とストレートにお願いする

効率的に資金集めをするためには、上記のような活動の情報を発信することに加えて、「こういうことやります。Polcaしてください!」と直接的に投げかけて方が資金集めがしやすいです。

 

ただSNSで活動をしていることを発信するだけの場合、たまたまツイートを見たとしてもよほどその団体に興味がなければ団体の公式HPを見ようともしないし、HPをじっくり読んだとしても、支援方法のページにまで辿り着かない場合もあります。

しかし、ツイートにPolcaのURLやQRコードを正面に出しておけば、その場で気軽に支援ができます。

いかに支援者にとってストレスなく支援してもらうようになるかが大事なのです。

 

 

最後に

 

Polcaは友人同士という狭いコミュニティーの中での資金集めのために生まれたサービスです。

それが今やたった300円から途上国支援ができる「お気軽な募金システム」として大活躍しています。

 

途上国支援において、どんな物を寄付するよりも「お金」は具体的に活動に繋げられる唯一のツールになります。

私たちが普段SNSを使うくらい身近な存在となり、誰もが社会貢献する時代になるのではないでしょうか。

 

 

私もpolcaはじめました

 

https://twitter.com/mia_istraveling/status/1013224148972101633

 

皆さまのご支援お待ちしております。