※「いなフリ」とは 田舎フリーランス養成講座 の略。

 

今までのように、何でもそつなくこなせば、いなフリ1ヶ月くらい何とか過ごせるだろう、と思っていました。

私は誰よりも将来設計ができている「つもり」だったので、スキルさえ磨けば、あとは何とかなる。

 

しかし、それは所詮「つもり」で、不安は払拭できないまま。

 

 

 

 

 

いなフリが始まる直前、「いなフリ2週間前の私の精神状態」に書いた頃のような不安はありませんでした。

「プレフリ」を考案し、事前に受講生同士で情報共有をしていたので、「友達できるかなー」「皆どんな人かなー」なんてソワソワすることもなかったし、メンター陣も優しそうな方ばかりだし。

 

実際、講座が始まっても安定感しかなかったんですよね。

落ち着いて作業ができる環境があり、「ずっと前から友達だったんじゃないか」って思うくらい居心地の良い同期たちと雑談したり、一緒にご飯食べたり。

この日々がずっと続けばいいのにって思うのと同時に、漠然とした不安から目を背けていました。

 

 

いなフリを半分終えて

 

2週間はあっという間に過ぎていきました。

 

「前半の2週間もあっという間だったけど、後半の2週間は秒速で過ぎていくよ」

と誰かが言っていて、これまで見て見ぬフリをしていた不安と寂しさが一気に押し寄せてきた。

 

 

「いなフリはガチだ」

「いなフリは魔法じゃない」

 

参加前に、メンターのイカさんのブログを読んで、ある程度覚悟はしていた「つもり」でした。

確かにフリーランスのノウハウは学べているし、ランサーズや知り合いからweb制作案件もなんとか取れるようになってきている。

 

だけど、私が望んでいた答えはまだ見つかっていない。

 

私は2週間経った今も何も成し遂げていないんじゃないか?

参加前と何も変わっていないんじゃないか?

私は金谷を離れた後、本当はどうしたいの?

 

 

「あれもやりたい」「これもやりたい」

欲張りになればなるほど、自分を苦しめて、スキルが追いついていない自分が苦しい。

真剣に考えれば考えるほど、「自分」というキャラも迷走していく。

【いなフリ参加を考えている人に伝えたいこと】田舎フリーランス養成講座メンター講師体験談

 

 

フィードバック「2週目振り返り講座」

 

2週間目の金曜日「2週目振り返り講座」がありました。

講義では、各自15分間フィードバックをして、3分発表という流れで、振り返りをしました。

 

①いなフリ2週間を終えて、⾃分はどうなりたい?

②残りの2週間の⽬標は?

③そのために何をするのか?

④その先の⽬標は?(⼀ヶ⽉後、半年後、⼀年後、⼈⽣)

 

 

いなフリ参加前は、「私の知識や実力はまだまだだから」とインプットに注力してばかりで、提案したり営業するのが怖かったのですが、2週間のうちにランサーズや人伝てでも提案をできるように。

 

そして少しずつ自身がついたことで、以下のことが分かりました。

「自分から動くことの大切さ」⇨動かないと何も始まらないので。

「これまでの海外をフラフラして色んな人に出会ってきたのは無駄ではなかった」

(正直、バックパッカーをしている意味が分からなくなってきていたのですが、過去の旅での出会いで「一緒に仕事をしよう」と声をかけて頂くことがあったので、ハピネス◎)

 

今後の目標としては、

・夏にNPO関連のイベントをする予定があるので、それまでにwebデザイナーとしての実力をつけたい

・半年後は、自分が所属しているNPOの活動の現場を見るためにアフリカに行く

・1年後は、webデザイナーとしてもっと成長して「NPO、アフリカ=オシャレ」という概念を生み出したい

 

 

周りの受講生が具体的な数字を設定した目標を述べている中、私は漠然とした目標しか発表できませんでした。

それはスキル面以外の不安が払拭しきれていないからかもしれません。

 

 

 

同期と夜の海を眺めながら語り合う

 

「正直、いなフリどうよ?」

 

同期のひよりちゃんとビールを片手に夜の海を眺めながら1時間以上もいなフリについて真剣に語り合いました。

(( 私たちいなフリのこと大好き過ぎるだろ ))

 

彼女とは年が近く、プレフリ時代からマメに情報交換をしていた仲です。

旅好き同士だし、気軽に話せる関係。

お互いライティングとweb制作で、仕事の分野は違うけど、だからこそ一緒にいて気楽。

 

「今日のフィードバック、どう思った?」

「メンター陣の話は感動したけど、私自身の悩みは解決できなかった」

「それなー…」

「じゃぁ、何が不満なんだろうね??」

 

 

・周りの同期と「やる気」のギャップがある事(「いなフリはガチだ」という割に、まったりしている人が多い)

・講座では「こうしろ」って言ってるけど、「私は違うと思う」という時があるという事

・ある程度スキルがあり、漠然とした目標はあるけど具体的な計画がない事

・メンター陣に真剣に将来について相談したい

・フリーランスになっても人に媚びてる人を見ると、フリーランスって本当はフリーじゃなくね?という疑問

・金谷に移住したいけど、皆と過ごせるなら金谷じゃない場所でシェアハウスするのもアリ。

 

 

私たちはこんな話をしましたが、「他の皆はどう思ってるんだろう?」

そう頭によぎり、皆と本音でトークがしたくなりました。

というのも、いなフリ終わった翌日から(6/9〜)どうするの?って話は聞いたことがなかったんですよ。

それぞれリゾバしたり、留学したり、旅に出たり、地元に戻ったりするんでしょうけど。

 

住む所は?

どんな生活がしたいの?

どうお金を稼ぐの?

そのための努力は今してるの?

なんでわざわざいなフリを選んだの?

 

って、突っ込んだ話はしたことがなかった。

 

 

特に最後の「なんでいなフリを選んだのか」というのは、私の中で特に重要だと思っています。

 

 

何故って、

私みたいに自分で動いて活動拠点を築ける人間は、なんでいなフリを選んだのか?って思われるんですよね。

 

とある人に「みあちゃん、NPOとかやっててスキルもあるのに。いなフリ、いる?w」って言われたんです。

「えー笑(八方美人)」ってその場は適当に誤魔化しただけで、ちゃんと答えられなかったんですけど。

 

 

それに、ライティング講座とか、webデザインスクールとか、巷に腐るほどあるじゃないですか。

スキルが欲しいだけなら、わざわざいなフリを選ばなくても良いわけですよね。

 

仲間が欲しいなら、オンラインサロンなり何なり、自分から動ける人なら出会いのチャンスはいくらでも転がっている。

 

Question. なんでいなフリ?

 

 

 

思いつきで「ぶっちゃけ交流会」

 

 

「本音トークがしたいなら、メンター陣はいない方がいいよね」ということで受講生だけの交流会を提案しました。

 

↑ メンター・講師陣へ :  変な意味はありません。

突っ込んだ話をしたい時にメンターの方からありがたいお話を頂戴してしまうと、個人の考えがその場でブレちゃうかもしれないので。

一応「ぶっちゃけ」な交流会がしたいので、受講生のありのままの考えを聞きたいんです。

 

なので、失礼を承知で、(というか酔っ払った勢いで)

メンター・講師陣もいるグループラインにこんな長文を送ってしまいました。

 

 

LINEの文面の「ゆるーく話しましょ!笑」の後のフォローが自分でも痛い。

でも本当にいなフリ好きです。私のこと嫌いにならないでください。(必死)

 

 

「プレフリ」に続き、勝手なことを思いつきでやって月曜日からメンター陣からの視線が怖い。(被害妄想)

しかし、ichさんから温かいレスポンスをいただいたので、ひとまず交流会は開きまーす!!

 

 

 

おまけ