ここ最近、実感するのは「やはり発信するのは大事」だと言うこと。

「アフリカ行きたいんですけど、知り合い紹介してください!」とか「アフリカをバズらせたい!」とか言い続けて約3ヶ月。

・アフリカ関連でものすごい勢いで人脈が広がっている

・SNS上で知り合った人とイベントに関わらせてもらっている

・アフリカに行くご縁ができた

こんな感じで発信することで自分にお得なことが起こっているので、5つの事例を紹介します。

https://twitter.com/gesu_loveblog/status/1025377760326242304

(私の裏アカ↑)

皆さんもやりたいこと・興味あることがあればSNS上でも対面でもどんどん発信していきましょう!!

 

事例① 「アフリカに関わりたい」と発信したら仕事きた

5月に田舎フリーランス養成講座を受講していた頃から「アフリカと関わりたいです!」と言い続けていたら、メンターのカルロスさんに「アフリカのWebデザイナーって名乗っちゃいなよ!」とアドバイス(?)頂きました。

フリーランスのWebデザイナーとしてランサーズ等でクライアント様とやりとりする時に「アフリカを支援するNPOのWeb制作チームに所属しています」とアピールした結果、アフリカに関わる企業様のサイトリニューアルのお仕事を頂いたり、アフリカっぽいデザインのバナー作ってください!とご依頼を頂くことができました!!

→田舎フリーランス養成講座の記事はコチラ

事例② 「アフリカ好きです」と発信したら色んな人を紹介してくれた

https://twitter.com/mia_istraveling/status/1002806526573023233

オフライン(対面)でもオンライン(SNS上)でも「Miaちゃん!この人アフリカに行ったことあるんだよ!」とアフリカに関わりのある方を紹介してくれることが多くなりました。

そうやって知り合った方の中には「是非一度ゆっくりお話しましょう!」と言って下さる方もいれば、色々吹っ飛ばして「一緒にアフリカ行きましょう!」と誘って頂いたり。ありがたい…!!

ここで大事なのは、せっかくお会いできることになった時に自分のやりたいことをちゃんと言語化できるかどうかです!!

どうしてアフリカに行きたいのか?そもそもどうしてアフリカなのか?がちゃんと説明できるかどうか。

 

事例③「何かしましょう!」と発信したらツイッターで知り合った方と何か始まった

リアルタイムでは、このツイートの方がベナンでの青年海外協力隊から帰国されたら「アフリカ布が好きな者同士で何かイベントしたいですね」と話しています♡

そして、アフリカをファッションで発信する最もアフリカらしくないファッションショーであるTokyo Africa Collection。

アフリカニートのマサヤくんに「これに関わらせて〜!」と言ったら広報としてちょこっとだけ関わらせて頂くことになったり。

→Tokyo Africa Collectionの公式サイトはコチラ

大事なのは「私はこれができます!」とちゃんとギブできるものを提示することだと思っています◎

ただやりたいです!と言うだけではなく、相手にとっても「この人となら本当にイベントを実行できそうかも?」と思うことが重要です!

 

事例④「皆もアフリカを広めて!」と発信したら世界一周のスポンサーになった

金谷のコワーキングスペース「まるも」にいた友達にメイド・イン・シエラレオネの服を着てもらい、「これシエラレオネっていう国で作られたんだよ!」としつこいくらい言いまくりました。

すると、思いの外皆楽しんで着てくれて、中でも10月から世界一周をする予定のゆりのちゃんが「これ可愛い!欲しい!」と言ってくれて、知名度がまだまだ低いシエラレオネを世界中で発信してもらったら何か起こるんじゃないか!?と言う直感でスポンサーになることになりました!!

→スポンサーになろうと決めた時の私のブログはコチラ

 

事例⑤「アフリカのためにできることがしたい!」と発信したらNPOのスタッフとしてシエラレオネに行けることになった

https://twitter.com/mia_istraveling/status/1016682509893943297

私はNPO法人Alazi Dream Projectのスタッフをしています。

ご縁があってシエラレオネという国に関わらせて頂いているのだから、近いうちに現地に行ってみたいという思いから「シエラレオネ行きたいです!」と言い続けていたら、NPOの代表の夢ちゃんから「現地に代わりに行ってくれる?」と抜擢されました!!

→西アフリカに行く目的と準備についての私のブログはコチラ

 

いかがでしたか?

旅に限らず、自分のやりたいこと・興味あることを常に発信していると意外と周りが聞いてくれているものなんです◎

日頃から自分の考えを発信していきましょう。

すると、誰かが知り合いを紹介してくれたり、仕事を紹介してくれり、自分が持っていなかった情報を教えてくれたり…

もちろん「してもらう」ばかりではなく、周りで「こういうことがやりたい」と言っている人がいたらできる範囲で協力することも大切だと思っています。

「情けは人の為ならず」と言う諺にもある通り、巡り巡っていつか自分に返ってくるはず。