自分の身を自分で守る覚悟はありますか?

 

学生のうちに海外に一人旅したい。

経験を積むために、海外でボランティアしてみたい。

 

その考え、素敵だと思います。

ただ、一言言わせてください。

 

海外を舐めないでください。

自分の身を自分で守る覚悟はありますか?

 

 

SNS上で見るバックパッカーは一見かっこいいように見えますよね。

インスタに投稿されている華やかな観光名所や食べ物の写真を見て、

「私も一人旅したらこんな経験ができる!!」と憧れますよね。

そのキラキラした写真を私たちが見ることができるのは、彼らが無事に旅をしているからです。

性別関係なく自分の身は自分で守り、トラブルに遭ったら冷静に解決する。

それがバックパッカーの基本です。

 

 

32ヶ国旅した私が遭遇したトラブルとは?

 

 

偉そうに書いている私も、裏では色んなトラブルや危険と遭遇してきました。

・スペインでクレジットカードを盗まれる

・タイで目が行かれた犬(狂犬病)に追いかけ回される

・インドやモロッコで何時間も客引きに捕まった

・インドで1ヶ月ずっと下痢&謎の高熱→セネガルで再発

などなど・・・

 

 

 

どうしても行くと言うのなら、きちんと準備を!

 

気をつけるべき点は「地球の歩き方」をはじめとするガイドブックに必ず記載してあります。

予防接種を受けておく必要はあるか?

どんな犯罪が多いのか?日本人はどういう手口で犯罪に巻き込まれるのか?をちゃんと調べておきましょう。

 

また、被害に遭われた先輩パックパッカーが現地での犯罪についてブログやSNSを通してシェアしてくれています。

そういうブログを読む方が、なんと言う街の、どういう場所で、どういう人に何を盗まれたのかなど、シチュエーションが細かく記されているのでオススメです。

また、日本人宿にも指名手配写真付きで「こいつは日本人を狙った有名な詐欺師だから気をつけろ!」と注意喚起がされていることもあります。

旅の情報も入手できるし、いざとなったら日本人同士助け合えるので、旅人初心者は日本人宿を利用するのもアリですよね!!

現地に着いても情報収集を怠らないようにしましょう。

 

 

被害に遭ったら冷静に。

 

被害に遭った時こそ、冷静になって「今何をすべきなのか」を「自分で」考えましょう。

誰かに危害を加えられたのなら、その犯人が100%悪いです。

しかし、被害に遭ったのは注意を怠った自分の責任でもあります。

防げるはずのトラブルもあります。

 

 

先日、友人から「変な電話があったんだけどw」とおもしろい話を聞くことができました。

彼女が旅先で知り合ったフィリピン人から早朝に突然電話がかかってきたのだとか。

「自分が働いているゲストハウスに、困っている日本人の女の子がいるんだ。

○○ちゃん、代わりに話し相手になってくれないか?」

 

戸惑いながらも、友人は電話の代わった相手と話し始めました。

「はじめまして。一体どうされたんですか?」

 

すると相手は半泣きで事情を説明したそうです。

 

「知らない人に話しかけられてついてって一緒に車に乗ったんです。すると両脇にまた違う人たちが乗ってきて、そのまま一緒にお酒飲んだんです。私、酔っ払ってそのまま車で寝ちゃって・・・。起こされたら全く知らないところで車から降ろされたんです。

気づいたら財布がなくて、クレジットカードもなくて。

私、どうしたらいいですか!???

 

ツッコミどころが満載ですが・・・

その人は無知でピュアだったんですね(遠い目)

 

電話を受けた私の友人は冷静に何をすべきか教えてあげました。

「海外保険に入ってますよね?

まず盗まれたものを箇条書きにして、保険会社に電話してください。

お金は現物でなくても返ってくるので。

そして、クレジットカードを止めないと不正利用されるので、カード会社に電話してください」

そして、彼女は呆れて電話を切ったそうですが、そんな的確なアドバイスができたのは彼女に海外経験があるからです。

 

しかし、彼女のように海外慣れしていなくても、財布を盗まれた時に何をすればいいかなんて必ずどこかで目にしたことがあるはず。

窃盗などの被害に遭ったらまずは冷静になって日本の然るべき所に電話する。

(保険会社、クレジットカードも盗まれたなら止めるためにカード会社)

トラブルに遭った時にパニクる気持ちも分かりますが、こんな時は一旦深呼吸して頭を整理すべきですよね。

 

 

本当に必要な情報はキラキラした写真には書いていない。

 

 

SNSやガイドブックで、有名観光名所の写真がたくさん載っているキラキラしたページばかり読んでいてはダメなんです。

SNSではインスタの写真よりも先輩バックパッカーのブログを。

ガイドブックでは観光名所よりも本の後半に載っている注意事項を読みましょう。

 

避けられるトラブルは回避して、何か遭ったら冷静に。

後悔しない、素敵な旅をしましょう。