デートで昼からお酒を飲むなんて

私は最近、衝撃を受けたことがあります。

それは、デート中「真っ昼間からお酒を飲むか」論争を好きな人としたことです。

 

 

その「好きな人」とは、現在「両思いだけど付き合う?付き合わない?」とドキドキしながら会っているデート相手。

知り合ってまだ1ヶ月程度ですが、急速に距離が縮まりお互い居心地の良い存在。

 

その人は11歳年上なので「付き合うなら同棲して将来も考えたい」と言われています。

 

 

 

 

ちなみに、私は学生時代から2年以上付き合っていた17歳年上の彼氏と別れたばかり。

 

 

はい。

私って年上大好きなんです。笑

 

 

話を本題に戻しますが、その元カレとはデートする度に朝から晩までお酒を飲んでいました。

酷い時は1日ビールを6缶+チューハイ数本。

傍から見たら、アル中のカップル。笑

 

私がずっとリゾバしていたため、基本的に遠距離恋愛でした。

特急電車や新幹線、高速バスに乗って彼は月に1、2回私に会いに来てくれていました。

もともと百貨店でお酒を売っていた元カレは大のお酒好きで、行きの電車やバスの中で1杯引っかけてくるようで…。

待ち合わせ場所には必ずと言っていい程、ほろ酔いで登場していました。

私もそんな彼のことは嫌いではなかったし、「彼と会った日くらい飲んでいいか」とその場でコンビニに行きお酒を調達し、朝から飲んだくれてました。

酔って盛り上がってデートや観光して、そのままホテルに泊まってまたお酒を飲む。

学生時代からそれが当たり前だった私のデート観念。

 

 

最初に述べた「デート相手」と鎌倉に遊びに行った日のこと。

ドライブデートだったということもあり、美味しいソーセージ屋さんに行っても、お土産屋さんで地ビールを見つけても、コンビニに寄っても、お酒は当然スルー。

 

それでも不思議と(?笑)とても楽しくて話が弾んでいたので、

私が、「ほろ酔いじゃないデートでこんなに楽しいのに久しぶり!」と言ったら、

 

「え、デートって普通シラフじゃないの!?」とビックリしていました。笑

 

 

あれ、私と元カレって変だったのかな?と初めて振り返ってみると、思い出すのはホテルの部屋の隅っこに重ねられた大量のビールの缶の山。

 

 

「何年付き合っても、俺なら好きな子とのデートはシラフでいたいよ。

ちゃんと楽しみたいし、ちゃんと話してどんな子かみたいし。

夜に家で飲むって決めてるなら別だけどさ、外で昼間から飲むって滅多にはないかな」

 

 

元カレの時は、遠距離だったこともあり

「私に会いに来る=小旅行」のようなものだったので、気分も高揚してお酒を飲んでいたのかもしれません。

それが当たり前だったので何も意識していませんでした。

 

 

しかし、「デートはシラフが当然」という意見を聞いて、私は今までお酒で現実逃避をして無理やり今を楽しんでいただけなのでは?と思うようになりました。

 

元カレとは、結婚の話も進んでいて、話さなければならないことが沢山あったはずでした。それでも久々に会える高揚感と、お酒の力を借りてデートに盛り上がるだけで肝心なことから目を背けていたのかもしれません。

 

もちろん、元カレのことはちゃんと好きだったし、彼のこともちゃんと知っていたつもりだったけど、将来の話になると「このままでいいのか?」と疑問を持たざるをえない時がありました。

 

 

2人で長期の旅に出る不安

親のこと

子どものこと

お金のこと

彼と決めた結婚までの2年計画

 

 

それらを話会おうとせず、向き合おうとしなかったのかもしれません。

その結果に迎えたマリッジブルーと、破局。

 

 

お酒を飲み干すように勢いよく大学卒業後に結婚してしまっていれば、

今の私はいなかったのかもしれません。

 

しかし、その波には乗れずダラダラと将来に対して漠然とした希望だけで過ごしてしまった2年間。

 

不安は全てお酒が解決してくれていました。

 

 

デート中にお酒を飲むのは、大事なことを話終えてからにしましょう。

大事な人なら尚更。

 

 

 

 

ちなみに今のデート相手は、手術を受けたばかりということもあり、禁酒をするそうです。笑

 

ではでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1993年タイ生まれ千葉育ちのブロガー、webデザイナー。 バックパッカーとして法政大学法学部在籍中に25ヶ国訪問。 卒業後は大手ディベロッパー企業に就職するが半年で退職し、日本周遊。その後は福島や箱根のホテルで働き再び海外へ(現在32ヶ国)。 20歳の時に50歳からプロポーズされたのを機に自称モテ人生が始まる。 22歳で17歳年上のアラフォー男性と婚約するも、11歳年上の男性に走り婚約解消する。 得意分野は「旅」と「年の差恋愛」。